@ココかぶ

20代の億トレ株式女子・ココが、投資情報や個別銘柄を独自の視点で検証してみたり、気になる銘柄、株式投資に役立つポイントを綴っていきます。

ココの銘柄ブログ

女性投資家ココです。 新年明けましておめでとうございます。 ことしも一年、ステキな銘柄探しと売買に勤しみたいと思います。皆さんどうぞよろしくお願い申し上げます。 大納会にくすぶっていた売買代金が盛り返し、日経平均株価は力強いスタートを切りました。気になる大発会銘柄として売買代金ランク(1570日経レバレッジETFを除く)で注目を集めた銘柄は、なんと8306三菱UFJ。日経平均株価の方向性を占う意味でも、メガバンがトップに躍り出たことは「幸先のよいスタート」といえるのではないでしょうか。 年初恒例のCES 2017開催にあたり、米NVIDIAによるAI、自動運転車、VR、ゲーム…何かしらの新製品が発表されるのでは?といった一部報道も思惑を呼び、各種テーマ銘柄への短期資金流入も目立ちました。 特に人工知能関連は話題に上っていまして、「AIoT」などという新語も盛んに聞かれました。ん~、ピ●太郎さんの影響かしら。流石にちょっぴりこじつけに聞こえますが、AI(人工知能)を必要とする企業は多く、今年はその実力が試される年になると思います。 やはりAI(人工知能)急務としているのは医療の現場。インタープロテイン社の上場思惑も強まる3776ブロードバンドタワーは人工知能と医療とのコラボレーションが楽しみな銘柄。目先は動画に力を入れていく、と同社社長が語ったばかりなんですが、長い目線でこの銘柄をマークしておいて損はないと思います。 また目先の大化け期待といえば、株式会社フィスコさんとYahoo!さんの協力で書かせていただいた「お年玉レポート銘柄」や、それに並ぶ底値圏のコンテンツ銘柄が有望ではないかと予想しています。後者についても、レポートをご覧になった方はアレのことか!ってお気付きになるハズ。 あの著名投資家DAIBOUCHOUさんをはじめとする合計8名のレポーターさんの注目銘柄が満載の「お年玉レポート」は、まだまだマーケットに間に合う内容となっていますので、是非お手にとってみて下さいね~ ココの「お年玉レポート銘柄」も入っています♪ ソーシャルレポーター新年特別企画レポート(2017)1月号はコチラ!!

女性投資家ココです。     今日は大納会。     日経平均株価は月足3本が陽線なんですが、発会の寄り付き18818円を上回って引ければ年足も陽線となり、2017年に良いバトンを繋ぐことができそうです。     ですが、12月29日は日銀がいたにも関わらずの下落。Brexitからおよそ6ヶ月が経過し、米債市場が急落したことは、時期的にもなんら不自然ではありません。秋口に組まれた海外勢のドル巻き戻しもいよいよ…な予感がします。     波乱含みの地合いにおいては、マネーゲーム的な銘柄がより際立つわけなんですが、なんと、JASDAQ平均は「23年連続して大納会に上昇」しているというデータがあるんです!     とりわけ今日は、大納会~発会狙いのの思惑銘柄にスポットが当たっています。わたくしもジャスダック市場から、3851日本一ソフトウェアなどの値動きを追っています。     そのほか、日足の綺麗な3928マイネット、やはり新興銘柄ではコアな6172メタップスなど、引けにかけても強そうな銘柄は、大発会まで持ち越してみるのも短期売買の戦略としてはアリではないでしょうか。

女性投資家ココです。 東京市場は受け渡しベースで2017年1月が始まったというのに、売買代金は1.5兆円と薄商いでサッパリ。 ダウ平均も3営業日ぶりに反落。10年物国債など米債の急落はちょっと気をつけたいところ。 海外投資家がクリスマス休暇明けと言えどこの状況です。国内外ともに、掉尾の一振はおあずけか、個別銘柄の一部に限られそう。 とくにこの時期の低位株は餅つきから継続疑義の思惑もありますからね。 しかしながら時代は「すべてが歴史的」というマーケットの節目。  2017年は内容がきちんとした企業、あるいはサプライズ的なシナリオを孕んだ企業でなければ評価されない=相場になりにくい、そんな一年になるんじゃないでしょうか。 そこで今回は、新春相場、中長期スパンで見てみたい銘柄の中から1つ、皆さまにご紹介したいと思います♪  実はこの度、フィスコさんのお力添えもありあのDAIBOUCHOUさんらと一緒に「お年玉銘柄」のレポートを執筆させていただきました! ココの性格上、地味株でも優良株でもなく、「短期でも追いたいサプライズ材料株」といった側面もありますが(^^;) このほか、著名レポーターさん注目の6〜8銘柄まで掲載される盛りだくさんのレポート内容となっています。 お年玉銘柄レポートの詳細は→ここからみれます♪   銘柄発表までいま少し時間がありますから、是非ご覧になってみてください。それでは。

このページのトップヘ