@ココかぶ

20代の億トレ株式女子・ココが、投資情報や個別銘柄を独自の視点で検証してみたり、気になる銘柄、株式投資に役立つポイントを綴っていきます。

ココの銘柄ブログ

7992 セーラー万年筆のお話です。   やっと、あの「特殊なボールペン」が評価される日が? タッチすると外国語をしゃべる「音声ペン」による教育向けや 意外と知られていないロボット事業にも手を広げています。 (後者の採算は取れていない模様) エコナックやREDような インバウンドが連想される低位株が湧いたこともキッカケのひとつでしょう。 外国人はお土産にボールペンを持ち帰るですとか・・・ つまり、理由はなんでも良いのかな。笑

3692 FFRIのお話です。 先月、ビッグサイズのFFRIが気になると書きました。 時価総額1100億をドッコイショー!と乗り超えて高値更新。 元来、大きな銘柄を動かすためには相当のマネーが動く必要があるのですが。 続々と重量級の銘柄が動いた6~7月のマーケットの性格や セキュリティの材料性に富んでいることを考えれば 「国策に売りなし」の格言がFFRIに再現されたとハッキリ言えるでしょう。 株価20,000円の到達が先か?崩れるのか?という疑問の淵に立たされると難しいところですね。 もう一波あるとすれば株式分割でしょう。 その前に、マーケットの性格が変わるような雰囲気も出てきました。 上昇波動の上値計算値も12,140円、ココはお先に脱出します。

3666 テクノスジャパンのお話です。 子会社テクノスデータサイエンス・マーケティングが 日経産業新聞フォーラムにて講演することになりました。 「I oT 時代の到来~ビッグデータと人工知能がイノベーションを加速する~」 講演のお相手となるのは・・・あの株式会社ZMP! 株式会社ZMPとは共同開発プロジェクト第一弾と銘打って 自動配車・健康医療分野に向けたビッグデータ解析によるサービスを創出するとのコメントがあったばかり。 子会社が未上場ということもあって、意外と知らない方も多いんです。 セキュリティ、自動運転、ロボット、M2M、ビッグデータ・・・ 何をするにも人工知能は切っても切れない存在ではないでしょうか。 材料性に富んでいて、講演後の反響も楽しみな企業といえます。

このページのトップヘ