@ココかぶ

20代の億トレ株式女子・ココが、投資情報や個別銘柄を独自の視点で検証してみたり、気になる銘柄、株式投資に役立つポイントを綴っていきます。

ココの銘柄ブログ

女性投資家ココです。     2016年の市場営業日は残すところ2週間を切りました。日本の株式市場の売買代金で大きなシェアを占める外国人投資家は、多くが12月の半ばにはクリスマス休暇に入るため、米国メジャーSQを挟んで雰囲気が変わりそうなところ。     日本株は年初から下落したのち、1月末の日本銀行によるマイナス金利導入以降もさらに大きく売り込まれました。その日経平均株価、アメリカの大統領選挙でトランプ次期大統領が決定した11月8日の安値から、わずか15営業日で2600円幅の上昇を遂げています。     勝負の決め手はこの15営業日にあったと言っても過言ではなく、スルスルと上昇していく相場をただ見ているだけだった…と嘆く投資家さんや証券関係者の声も聞かれたほどです。そんな世界中の金融市場を巻き込んだ激動の2016年、最も注目を集めた個別銘柄は何だったのでしょうか?     東京市場は今年、際立った経済変化は見られなかったものの、新手のゲーム産業や人工知能、FinTech、自動運転といったテーマがフォーカスされました。     たとえば、7974任天堂。株価がアプリ「ポケモンGO」の爆発的なヒットによって個別銘柄としては過去最高となる4760億円の売買代金を記録しました。その後も一過性の上昇に終わらず「スーパーマリオ・ラン」の期待買いを集めるなどし、現在も高水準の株価を保っていることは、歴史的な出来事であったといえるのではないでしょうか。     ちなみに、任天堂が個別銘柄として売買代金トップに躍り出る前は、2013年5月21日の9501東京電力の4456億円が売買代金の1位を記録しています。そんな東京電力の株価も12月8日に537円のストップ高を記録。買い遅れた投資家勢にもチャンスがもたらされたこの日を境に、年末年始は新たな産業を中心としたテーマ株に注目が集まるような気がしています。     個別銘柄の面々、年末年始にもう一段の変化を遂げる頃合いと見ています。

女性投資家ココです。     11月のOPEC総会ではアッサリと原油減産が合意され、はや1週間が経ちましたね。一時はどうなるかと思われた原油価格は上昇し、資源価格は「バブル到来」と投資家の間で話題になっているようです。     そこでにわかに噂されている銘柄が3315日本コークス工業。石油・石炭業種の銘柄です。     原油減産については春先から議論されていましたし、もう随分と前からコークス価格の上昇を目論む買いが入っていたようですが、追随する銘柄として8835太平洋興発が噂されたことにより3315日本コークス工業に短期資金が集中。     後場に入ると大口の買いも入り、10月17日の上ヒゲを実線で突破してきました。わたくしは後場の利食い売りが気になり殆ど売ってしまったんですが、じっくり投資されたい方は「資源バブル」を一つのテーマとして注目してみても良いかもしれませんね。

女性投資家ココです。     米大統領選の集計不正疑惑をめぐり、ウィスコンシン州が小政党「緑の党」の要請で再集計を実施することになった問題で、トランプ次期大統領は26日、再集計を「ばかげた詐欺」と批判する声明で反発したことがCNNなどの報道で伝わっています。     同州に要請を出した緑の党の元大統領候補、ジル・スタイン氏が再集計の資金集めと称して「私腹を肥やそうとしている」と主張。集まった資金の大半が「このばかげた再集計」には使われないだろうとの見方を示しました。     さらに「これは勝敗が決した選挙に対する緑の党の詐欺だ。選挙結果は尊重されるべきだ」と非難。一方、米大統領選で敗れたクリントン前国務長官の陣営は同日、スタイン氏の再集計を求めている動きに参加すると表明しています。     2000年の米大統領選(投票日11月7日)の後は法廷闘争がありましたが、12月13日にブッシュ元大統領が勝利宣言を掲げます。株価は投票日が天井となり、勝利宣言でふたたび天井。今回は当時と逆の流れになっています。トランプ次期大統領の問題解決や国債の落ち着きは、目先の底になるかもしれませんね。     ところで国会閉幕を目前にカジノ関連株の一角が色めきだっています。時間がかかるとは思いますが民泊、広くフィンテック、そして次の大きな調整では大型株をマークしたいものです。IPOも今のところはZMPに限られています。ビッグデータ解析の明日のエルテスも話題となるか。

このページのトップヘ