トランプ次期政権が決定してからわずか5日のあいだに随分と色んなことが起きました。多くの投資家が真っ先に目をつけたのはメガバンクの動きでしょう。昨日は8411みずほの日中出来高が5億株を超えています。大統領選投票日のみずほも5億株ほど出来て反転しています。     過去の例にならって言うならば、似たようなことが起きた今日、そろそろ短期的な反転が近いのでは?     それから10年国債利回り。米国債10年物は連日のプラスで底堅い動きになっちゃいました。私は利回りの大きな下げを狙って指数のスイング取引をしていたんですが、トランプさん決定と同時に上昇する一方で、今回はまったく落ちてくる気配がありません。 かたや金価格や新興国通貨は下げ止まりません。通貨が下がれば株も下がる、ということで新興国からアブナイ香りが漂っているような…     もちろん、これらは、今日明日の話じゃないですけど…ね。     そんなことを気にしつつ、調整を終えた個別銘柄は続々と出直り相場に入っています。年末に先駆けて思惑で買われる銘柄、高値期日をむかえて一発仕上げに入る銘柄。2354安川情報システムあたりは中身も良く、その一つだと思っています。     VR領域を手掛けるパルス株式会社へ 秋元康氏、松尾豊氏、DaiGo氏が資本参加するということで着火した3960イグニス。ドイロンのターゲットイシューには数パターンあるんですが、こちらはイージーモードのパターン。今日の引けは信用売りさんを巻き込んだブレイク買い仕掛けをした方が居たみたいなんですが、本日の増し担保を経て、教科書どおりの押し目が入ると良いですね。